スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪の王女が住まうと思われる国

毎週とまではいかないにせよ、木曜は写真についての
ブログ記事を書こうと思っています。

そして、同じく金曜は、カフェについての記事です。

そうやってルールをもうけて、それを遵守する事は、とても大事な事で
一定のリズムを守るから、抑揚をつけたり、強弱による様々な表現が可能であったりと
音楽的な比喩ではありますが、それは文学であれ、仕事であれ、日常生活であれ
同じ事がいえると思います。

というわけで。
今年の目標は、自己規律を守る、です。

話しは変わり。

先日、新潟にいってきたので、ご報告を兼ねた写真紹介です。
まだまだ、寒い日が続きますが、関東の方はこの写真をみて
こんなに寒くはないと、自らの住む地域の雪事情に安堵して下さい。

そして、雪国にお住まいの方は、そうそう、こんな感じになるよね~、と
共感していただければ、嬉しいです。


【到着】



それにしても、両壁が雪です。
凄まじい量です。
崩れる事を考えたくないですね。


【木の枝】
IMGP9061.jpg


雪があると風景がシンプルになり、とても写真にしやすいです。
五月蝿くならないという特権です。

きっと、この雪の中に木が埋まっているのでしょうね。


【情景】
_IGP9104.jpg


感無量です。
白い大地。白い空、赤い屋根。


【信濃川河川】
_IGP9114.jpg


柔らかそうな雪。


【白銀】
_IGP9089.jpg


輝く。
白銀の大地。

新潟に行った目的は雪かきです。
雪かきは、想像よりとても厳しく大変なもので、学ぶ事が沢山ありました。
でも同時に、雪と戯れる事が楽しくて、厳しさを忘れる程に有意義な経験ともなりました。

また、行きたいですね。
この世界に。

Trackback

Trackback URL
http://oolt.blog98.fc2.com/tb.php/162-a34380ca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。