スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨と風の日のもみじ市(15日)

もみじ市2011、15日の土曜日。

数日前から危ぶまれていた天候は、ここにきて強風という後押しを得て
まるで台風のようになっていました。
それが、15日の朝6時の風景。

気持ちを切り替えて、明日のことを考えることが先決と分かっていても
スタッフ一同の前日までの頑張りを考えると、なかなかどうして正論は歯が立たないものです。

僕は、少し落胆して家に帰った。
それから、少しだけ仮眠をし目が覚めたあと悩み始めました。

さて、今日はどうしようか。


その時ふと、Twitterをみてみると、もみじ市の主催 手紙舎で
ちいさな、ちいさなもみじ市が開催されていました。


tegamisya.jpg



cafeと雑貨好きとしては、いてもたってもいられず直ぐ出発しましたよ。
つつじヶ丘から歩く時間さえ短縮したくてバスを使って。

到着してみて、やはり来てよかったと感激。

公式ホームページにもありますが、16日に振替出店出来ない出店者さん達が
素晴らしい商品達を販売をしてくれていました。


ichigo.jpg


tekuri.jpg


clammbon.jpg


tegamisya_naka.jpg


時間が遅かったので、全てを堪能する事は出来ませんでしたが
今年、僕はもみじ市のボランティアスタッフなので
個人的な買い物はそんなに出来ないかな、と覚悟していたこともあり、
予定外の買い物が出来て、とても嬉しかったです。


tekuri_narabu.jpg


ちょっとお話しした内容で、気のついた事を記しておこうかと思います。
「てくり」
やはり、風景として雪景色のものを手に取るお客さんが多いそうです。
そりゃそうですよね。この風景は圧倒的ですからというと。
「てくり」さんいわく「これは私たちにとって、当たり前の風景なので、地元ではそれほどでも」
とのこと、とっても納得です。

珍しいものに目がいく、その通りです。
盛岡のものが東京にくるというのは、そう言った変化を気付かせてくれる。
同じだと思っていることが、実は全く違う見方があると、しっかりと気付かせてくれる。
そういうは本で読むより、こういった実感が大事だと思うので、とても勉強になりました。


soseji.jpg


kaku.jpg


さてさて、話しが長くなってしまいましたので、
そろそろ〆にします。


その前にちょっと余談で。
とても個人的なことですが、最近は新しい職場での仕事や写真展のことで
公私ともに忙しく、cafeや雑貨というものから遠のいていたような気がします。

だからでしょうか、帰りによったeimekuも、普段より懐かしく感じた。
やっぱり好きなんだな。こういう感じ。
何ていえばいいでしょうかね。

まぁ、それはそれとして。

明日は、もみじ市2日目です。
今から楽しみです。ドキドキして眠れないほど!

来場されたお客さん。事務局スタッフ。ボランティアスタッフ。
全てが末広りでありますように。

星に願って、明日の昼間に叶えます。
ではまた。


teruteru_ame.jpg


teruteru_kaze.jpg


Trackback

Trackback URL
http://oolt.blog98.fc2.com/tb.php/204-61d2d21a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。