スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィルムを使うという事

やっぱりフィルムがスキだと確信した。

今のデジタル一眼レフ技術はお金をかければ、
かける程、画質は鮮明に、写りは忠実になる。
美術史に残るような絵画。
歴史を覆す様な遺跡。
そういった確固たる偶像を後生に残すならば、
そのツールの選択に余地はない。

だけど、写真屋さんにフィルムを持ち込み、
現像された写真を手に取って、その写りを
目の当たりにした時。

「あぁ、フィルムって生物なんだな」

そう呟いてしまった。選択の余地はない。

Trackback

Trackback URL
http://oolt.blog98.fc2.com/tb.php/88-28511172
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。